裁判員、性犯罪に被害者感情を盛り込んだ判決で犯人に厳罰を!

デリケートな部分を持つ性犯罪に裁判員裁判が 行われた。被害者の心情を考えると色々 難しい点が含まれる裁判だが、 結果、一般人の普通の常識を当てた 当たり前の判決が出た! よく耳にする言葉に 犯人の人権、更生・・・ 犯人擁護を訴える声である。 でも、被害者の人権や心情については 語られることはまず無い。 「ふざけんなぁ!」 私達庶民の普通の常識的考えからすると 間違いなくこう叫ぶだろう。 弁護士の力かなんか知らないが、あまりに 犯人を擁護しすぎていると思う 犯人の更生を考える前に、被害者のアフターケアを 考えてあげるべきである。犯人の苦しかった生活や 生まれてきた生い立ちと手にした罪の重さは全く 別の話で、それはそれ、これはこれ!である。 1番気になったのは 犯人の弁護士のコメント 「一般人の感情を汲んだ判決で・・・」 弁護士が、法律が、検察が・・・ 「なんぼのもんじゃぁい!一般人の感情や常識が信じられなくて 専門家しか解らない法律しか信じられない貴様に本当の 人間の心や罪の重さが解るか~い、つーの」 「あ、失礼」 とにかく、法律という 少ないケースの判断だけで星の数ほどある 犯罪やその背景、被害者の苦しみを裁けるはずは無い。 法律は罪の重さだけ量る物差しでいい 情状酌量、執行猶予・・・そんなもんいらない! それより、被害者へ明日への希望を持たせてあげるべきだ 私が裁判員になった暁には きっと犯人に正義の鉄拳を打ち込んでやる! 「死刑」

パイアールジョージのネタT倶楽部

唯一、メセージやシュプレヒコール、そしてネタなどを発信できるファッション・・・ それがTシャツです!自分自身の個性や想いをTシャツに詰め込んで 街へ繰り出しませんか?面白いもの変なもの大好きなあなた!・・・そうあなたのための ネタT倶楽部なのです

0コメント

  • 1000 / 1000